Products

次の工程へ良いものをリレーする。

製造工程


靴下は、いくつもの工程をリレーすることで作られていきます。
だから、いい靴下を作るためにはベストコンディションで次の工程へ引き継がれることが大切です。

1 Planning

商品企画

商品企画● 海外、国内のファッション動向など、アンテナを広く張り、最新の流行を採り入れた商品開発を行っています。

2 Knitting

編み立て

編み立て● 製造の最初の工程です。デザイン・素材に対応し、糸と機械の相性を考えながら、良い靴下を作るため、職人としての技術力が問われます。

3 Sewing

縫製

縫製● 靴下が編み上がったら「抜き返し」を経て先縫いと言われる縫製加工を行い、セット(仕上げ)にバトンを渡します。この作業では、縫い目など仕上がりの美しさが要求されます。

4 Packaging

包装

包装● 靴下2枚で1組にするペアリングや検査をし口紙やシール貼り作業をしながら検針し、箱詰め、出荷へと回ります。出荷先によって、タグやバーコードがすべて違うので、正確さが問われる仕事です。

5 Delivery

出荷

出荷● 全国のお得意様へ向けて、安全に正確に、そして迅速に出荷作業を行ないます。

6 Sales

営業

営業● 全国のお得意様、お客様からのご要望をお聞きし、新しい靴下への発想・靴下作りに活かしています。